FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッグス メンター育成EQプログラムが始まりました!

アイズプラス事務局の二子(ふたご)です。
これからEQプログラムの研修等の記事更新していきますので、よろしくお願いいたします!

新年度になり街には真新しいスーツを着た、新入社員をよく見かけるようになりました。新入社員研修を行う会社も多いと思います。

(研修からブログ更新まで1ヶ月ぐらい経ってしまいました


先日株式会社レッグスにて、メンター育成プログラムがスタートし、弊社代表の池照が登壇しました。ここから5ケ月間のプログラムにとって、今回が第一回目となります。今日はその様子を少しご紹介させていただきます。

レッグスのOJTプログラム2017。今回の目的はこれからメンターになる方へ「メンターの役割と人材育成」について分かりやすく説明する事でした。


IMG_5240.jpg 

始めは、メンターは聞いたことがあるけど、イマイチ役割などイメージがつかめないといった感じでした。

新入社員のメンターになるにあたり、自分たちの新人時代に上司からかけられた言葉で心に残っている事を振り返ってみる。

すぐに出てくる方もいれば、どんな言葉言われたかな?と首をかしげる方もいましたが、初心に戻り新人時代から今までを振り返る時間となっていました。

テーブルごとに分かれ、お互いをよく知る事、相手の話をよく聞いてあげたり、自分の話を聞いてもらったり、普段中々聞く機会も少ないので、改めて聞く話に感心したり、笑いもありながら、みなさん和やかなムードで参加されていました。

IMG_5246.jpg 


・メンターについて、役割を理解できた。

・メンターとして出来ることを知れました。

・いきなり「メンター」という役割を任されて、どんなふうに新人と向き合えばいいか不安な部分が多かったが、自分の新人時代のことを思い出したりしたいい機会だった。

・ほぼ対等な立場に接すること、会話の仕方伝え方、相手の思っていることの導き方色々と模索しながらも現場で生かそう思います。

・まずは、笑顔でいること。人との接し方について、自分の言動を直したいと思います。

EQを通して、自分自身を更に知っていきたいです。

・メンターというもの自体理解することができました。

・とりあえず新人に接する前に自分の事を改めて、どうだったか振り返ってみようと思います。新人〜今まで。



感想はごく一部のものですが、どの方も前向きで、ワークショップ受講前に比べメンターのイメージを少しつかめたようです。私自身も今回研修に同行し、改めて自分の新人時代を振り返るいい機会となりました。

今後はEQIを受験していただき、5月にはEQ活用、目標設定のワークショップ、EQフィードバック研修、グループコーチング。7月に中間ミーティングと続いていきます。

 

メンターと新人の関わり方、EQがどのように活かされていくのかお楽しみに!


スポンサーサイト

【プロファイラープラスセッション】

こんにちは。トレーナーの多賀谷です。
本日は、アイズプラス版EQプロファイラー養成講座について☆

アイズプラスでは、今年、初の試みとして
EQプロファイラー養成講座を実施いたしました。

参加された皆さんは、講師の岸川先生も絶賛の優秀な方々で、
資格判定試験も一発クリア!
アイズプラス版で、初のプロファイラーが誕生しました!!!

通常は、養成セミナーで終了するプログラムですが、
そこは「イケテル」アイズプラス。
資格は取ったけど、実際どう活用したらいいのか、という点をクリアするため、
企業の導入事例や活用事例を共有するための
「プロファイラープラスセッション」を実施いたしました。

実は。。。実施したのは、9月3日(土)
私の思い込みでこのブログでの紹介がすっかり遅くなってしまいましたm(_)m

当日は、アイズプラス版プロファイラー1期生の方々に加え、
実際にEQを企業研修に導入したり、研修で活用されている「先輩」プロファイラーが
参加してくださいました。

発表テーマは
「 EQ を通じたプロジェクトや改革の事例紹介」(すでに EQ を活用している方)
または、
「 EQ プロファイラーとして今後挑戦してみたいプロジェクト」(今回プロファイラーに挑戦した方)

1人10分+質疑応答5分、という時間配分でしたが、
実際は、ひとつひとつの導入事例が非常に興味深く、
質疑応答からの議論が大いに盛り上がった結果、会場の終了時刻ギリギリまで
話が尽きない、という結果になりました。

アイズプラスでの導入実績などはこちらで紹介しております。
組織内でEQを学び活用するメリット
導入実績、アンケート結果
興味のある方はぜひ一度ご覧くださいませ♪

今回は13時スタートということで、軽食をご用意いたしました。
池照さんチョイスのBOXは、スイーツもついた、
ひと箱で何度もおいしいものでした♪

プロファイラー養成セミナーⅠが終了しました。


こんにちは! EQトレーナーの多賀谷です。
EQプロファイラー養成セミナーの2日目が終了しました。

私が到着したのは、スタートから90分ほど経過した頃。
ちょうどケーススタディーをグループワークで行っているところでした。
受講されているみなさんは頭をフル回転させており、パソコンがフル稼働して熱を持つように、皆さんの頭も熱せられ煙がのぼっているようでした。

プロファイラーが、EQ検査を受けた方にフィードバックを行う時に一番重要な事は、「受検者の気持ちに寄り添う」 ということです。

私たちは時に、相手を評価や批判する気持ちを持ってしまいます。
EQ検査を受けて、結果を返してもらう時に、そんな気持ちを感じさせる相手と話をしたらどう感じるでしょう。
「前向きに頑張ろう!」という気持ちはなかなか生まれ難いですよね。

参加者の皆さんは、膨大な知識を入れるだけでなく、常に「受検者の気持ちに寄り添う」ことを根底に考えていくことを徹底的に求められます。

ケーススタディーは、頭をひねり、言葉を絞り出して、時間をかけて取り組む必要があるため、とても大変なワークです。
けれど、苦しんだ分だけ、プロファイラーとして活動するための糧になり、晴れてプロファイラーになった暁には、それが自信になるのです。

次のセミナーは、約1か月後です。
宿題を抱え、「うわー、頑張ろう。。。」と心なしか肩を落としながら、でも前向きな気持ちを胸に灯して帰って行かれる皆さんが、間違いなく素敵なプロファイラーになることを確信しています☆

ところで。。。お弁当の写真をまたまた取り忘れてしまいました。。。
半分以上食べてから「はっっ!!!」と取った一枚
1465636571850.jpg

6マスあるうちの2マス分です^^;
ご飯にも、移ってないですが、かき揚げにも枝豆が入っていて、とってもおいしかったです☆
ごちそうさまでした!

事務職をやる気に!~HRカンファレンス~


こんにちは!EQトレーナーの多賀谷です。
CIMG0074.jpg

5月16日に、池照さんが登壇する、HRカンファレンス2016・女性事務職リーダー育成プロジェクトの事例発表に参加しました。

今年の3月まで行っていた企業でのプロジェクトです。その企業の人事担当の方と事務職リーダーの方もパネラーとして参加され、現場の声も聞けるとても貴重な機会でした。

また、以前、事務組織で人事をしていた私自身、女性事務職リーダーの育成というテーマは非常に興味のあるものでした。

事務職というのは、得てして決まったことや指示されたことを遂行することは得意ですが自分で考えて新しいことに取り組むことは苦手です。
今回のプロジェクトで会社が期待するのは、その苦手な部分である、主体性を持って業務に取り組み、リーダーシップを発揮することでした。

取り組み初日、集められたメンバーの思いは「何をやらされるの?」でした。
けれど最終日を迎えたメンバーの心には

「動けば変わる」
「あきらめずにやり続ければ可能性が広がる」

という思いが生まれていました。

プロジェクトは「個人の能力開発」と「所属組織に貢献するためのアクションプラン構築とその実践を通してリーダーシップ」を体現する、つまり、個人のレベルアップと組織改革を同時に進めるというものでした。

両方を進める上でのポイントは、
 1 自分達で課題を見つけて実行する
 2 EQ診断を活用して課題を明確にする
 3 自分から周囲に発信していく
                    ことでした。

成果につながった重要な要素として、所属長のフォローをはじめとする組織をあげてのバックアップがあったことだと思います。

そして、さらに課題を明確にする上でカギとなったのが【EQ診断】です。

EQ診断を用いる事の利点として、

 a.他者の主観で評価されているわけではないということ(自己申告の検査)
 b.自分の行動が数値となって明確になっていること
                                 があげられます。

自己改革を進める上で弊害になるのが、自己分析に基づく改善が、時に難しくなるということです。
周囲が感じている課題と本人が感じている課題が異なっていたり、課題の重要さが本人の認識と異なっていたりすると、そのギャップが理解できなかったり、理解するのに時間がかかる場合があります。

しかし、EQ診断は能力ではなく行動量を測っている検査であるという事が大きな意味を持ちます。
EQ診断では現在の行動量が数値化されており、自己分析をする上で客観的なアプローチがしやすく、強み・弱みも明確に認識することが可能です。

このような取り組みを経て本人たちの意識が変化したとともに、周囲から見ても、
「自らアクションを起こせる様になり職場が活性化した」
「事務職のイニシアティブが目に見えるようになってきた」、といった変化が感じられるようになりました。

課題を明確にし、動いてみること、発信してみることが周囲を巻き込む力になり、その周囲の反応がメンバーの達成感や自信につながる。
プロジェクトに関わった方たちが本気で取り組んだ結果が今回の成果につながったのだと感じました。

そして、改めて、EQ診断が非常に有効なツールであることを感じた1日でした♪

EQ診断に興味のある方はこちらをご覧ください☆
EQプロファイラー+(プラス)養成セミナーのご案内

子育てとEQ


こんにちは。EQトレーナーの多賀谷です。

kenbpa.jpg
先日、息子が通っている幼稚園でEQの講演をさせていただきました。
30人近いお母さん達が集まってくださって、10人ぐらい来てもらえたらいいかなーと思っていた私は関心の高さに嬉しい驚きでした。

私自身もそうですが、母たちは日々色々なことに悩んだり迷ったりしながら、わが子と向き合っているんだと実感しました。

自分や子どもの「感情」とうまく付き合う方法や、感情をコントロールするヒントなど、色々なお話をさせていただきました。

講演後のアンケートでは、
 ・子どもに急がせてばかりで思うように行動できないのを
  さらに怒鳴ったりしていましたが、自分の気持ちを整理
  するところから変えていきたいと思います。

 ・自分の感情が子どもにとても影響があると分かったので、
  「大丈夫だよ」と子どもの言葉や行動に理解をしてあげたいと
  思いました。

 ・子どもが楽しいと思えるのは親である自分が笑顔でいる事だと
  つくづく思いました。

と、色々な気づきを共有してくださり、やってよかったなぁ、とつくづく思いました。

さて、この講演の中で、「相手を褒める・励ます・認める」言葉を書いてもらうワークをしました。
 いいね
 ありがとう
 やったね

など、皆さん色々な言葉を書いてくれました。

そんな中…講演会には、2歳児の親子クラスの先生も参加してくださっていました。
その先生に、書いてもらった言葉を発表してもらうと
「嬉しいね」に続いて…「悲しいね」「悔しいね」「嫌だね」 という言葉が!!

そうです!相手の気持ちを「認める」言葉は、前向きな言葉だけではありません。
さすが、日々、子どもにも、お母さんにも向き合ってくださっている先生です。

普段からEQを発揮して、「気持ちに寄り添う」 ことを大切にされているんだなあ、と思いました。
講師という立場ですが、こうして来てくださっている方から学ぶことはとても多く、
改めて教えていだたいた一日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。