FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下の秘密の原因?

こんにちは!EQトレーナーの多賀谷晶子です。

私には現在5歳の息子がおります。
この息子が、最近、ご近所の方々を見かけると、そこそこ距離があってもお構いなしに
「こぉんにちはぁ~っ!!」と大声であいさつするため、ちょっぴり恥ずかしい今日この頃です。

けれどそんな息子を見かけると皆さんにこにこ話しかけてきてくださいます。

◆Q1.皆さん、周りの方に、「あいさつ」していますか?

「もちろんしている。」「そりゃしますよ。」
そう答える方がほとんどだと思います。

では、

◆Q2.【どんな人にも、自分から笑顔で】挨拶していますか?

どうでしょう?

「NO」と答えた方。

もし、あなたが上司ならば、
部下はちょっとした秘密や失敗をあなたに言えずに抱えているかもしれません。

EQ(行動特性)検査の素養に、「オープンネス」というものがあります。
これは、自分から心を開いて相手の信頼を得る、という素養です。

ちょっとした失敗談や自分自身のことを話すことで、相手との距離が近づくことがありますね。
それがオープンネスが高い状態です。
自己開示することで、相手も安心して心を開くことができるのです。

反対にオープンネスが低いと、相手から「何を考えているかわからない」と思われがちです。
そんな人が上司だったらどうでしょう?
気軽に話しかけることが難しいのではないでしょうか。

そうなると、気軽な会話の延長で出てくる、ちょっとした相談や、ささいなミスの報告など、
改まっていう程でもない情報は集まってこなくなります。

つまり、「オープンネスが低い上司の下では、部下は秘密を抱えがちになる」のです。

もちろんこれは上司に限ったことではありませんね。
営業先、職場内、友人、家庭、いろんな関係に当てはまります。
相手が秘密を抱える原因、それは自分自身にあるかもしれません。

ではオープンネスはどうやって高めるか?

オープンネスを高める行動として紹介する一つに「握手をする」というものがあります。
日本人にはなじみのない習慣ですが、
やってみると驚くほど相手に対する心の距離が変わることがあります。

とは言えなかなかにハードルが高い、という声もよくあり、
私がお勧めするのが、Q2で聞いた質問
【自分から、笑顔で挨拶をする】です。

「意識して自分から働きかける」ことがポイントです。

朝、職場についたら「おはよう」「今日もよろしく」
廊下ですれ違ったら「こんにちは」「調子どう?」
仕事が終わって帰るときに「お先に」「お疲れさま」

言われる前に自分から声を出すことが、オープンネスを高めることにつながっていきます。
そしてその挨拶が、「そう言えば…」「今ちょっといいですか?」といった
会話を生み出すきっかけになります。

「挨拶」という字には、「心を開いて相手に近づく」という意味があるそうです。
まずは自分が心を開いて、相手の心の扉をノックしてみませんか?
NOU78_sorakaranonagame-thumb-1000xauto-16403.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。