FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢度 ~自己コントロール~


皆さん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
EQGA公認プロファイラーの樋口しのぶです。
平成28年に入り既に半月が過ぎました。お正月気分からすっかり日常モードに戻られている頃かと思います。

唐突ですが、皆さんは自身にとって不都合な出来事に出くわした時(=イラっとするような)に涼しい顔でやり過ごすことができますか? 私はできません。正確に言うと、以前はできませんでした。反射的に顔や態度に出てしまう、口からヒドイ言葉を発してしまう。
自分で認識していますが、私はとても短気な性格です。 車の運転は性格が出ると言いますが、私の場合まさにその通りで、法定速度以下で公道を走っている車の後ろについた時やウインカーも出さずに曲がる車を見た時は、一人の空間をいいことに一人車内で毒づきます。その後、自身の器の小ささを認識するのですが、一人の空間での出来事なので良しとしています。しかし以前は友人を乗せていても同じ態度を取っていました。
ある時、仲の良い友人から「なんか殺気立っていて怖い」と言われてしまいました。その言葉でやっと同乗している友人の楽しい気分を私の態度が壊してしまっていることに気が付きました。
一人の運転の時と同乗者がいる時とでは状況が異なることを認識して、発言や行動に気をつけるべきだと感じました。

EQの中に“自己コントロール”という素養があります。こちらは自分の感情を調整する力です。
相手に対する怒りや嫌悪感、あるいは不安などの否定的な感情は、相手や状況に合わせて調整していく必要があります。
私は“自己コントロール”=我慢度 と思っています。短気な性格は変えることは難しいですが、感情を調整することで望ましい行動を取ることはできます。事実、私の性格は短気なままですが、以前のようにむやみやたらに怒りや嫌悪感を態度に表すようなことは少なくなり、まずは状況判断を行い、その状況に応じた態度を取ることができるようになりました。

自分の感情をストレートに出すと、それまでの関係が一瞬にして壊れてしまうこともあります。
特に怒りなどの破壊的な感情は調整する必要があります。怒りを感じたら、とりあえず口をつぐむ、ゆっくり数を数えるなど、自分なりの調整法を決めておくとやり過ごすことができます。ちなみに私は深呼吸をするか遠くの風景を見るようにしています。数秒ですが、それをすることで冷静さが戻ってきます。

安心してください、できますよ! 
短気な私も“自己コントロール”を高めることでマイナスな行動を抑制することができています。
私と同じように反射的にイラっときてしまう方もまずは意識することから始めてみてください。
そして自分なりの調整法を見つけ出し、その場をやり過ごせるしなやかさを身につけてしまいしょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。