FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働き方を考えるカンファレンス2018

働き方を考えるカンファレンス2018「働くを定義する∞」に、弊社代表池照と株式会社ベーシック代表取締役秋山勝氏がディスカッションしました。

二子が同行した際の記録です。

IMG-1858.jpg 

テーマは「ホラクラシーvsヒエラルキー」


IMG-1860.jpg 

まず秋山さん経歴に「パチプロ」!という文字が。
この経歴には驚きましたが、パチプロ時代も、マネジメント、事業としてしっかりやっていたそうです。

印象的だったのは秋山さんがおっしゃていた、白紙の状態で何やっても自由というと、自由が苦しくいという社員もいるということでした、一方池照は外資系の会社に入社してすぐに上司から「いつ辞めようと思っている?」と聞かれ戸惑ったそうです。

IMG-1866.jpg 

・ビジョン型もバリュー型もどちらも大切で、組織は何の為に作られているのか?
・プロジェクトごとに、どこに向かうかが大事である。

・人事研修などでは、会社が作ったビジョンでやろうすると、研修を受ける社員の方には賛同されないが、あなたの人生の質が上がるというとモチベーションが上がる。


・今後の働き方 雇われない、雇わない業務。

・業務委託、ICの働き方が増えるう。


・バリュー

社員へ本気で聞く、本気で聴きたいと思う

テクニカルなことより、知りたい気持ち

対話をすれば共感もするし、話を聞ける

・自分が多く話しない

・WHYを与える



30分と短い時間でしたがとても濃い内容でした、もっと色々とお話を伺いたかったです。


スポンサーサイト

EQ事例発表会でした!

昨年に続きEQ事例発表会が行われました。



EQを通して個人・組織・社会のポジティブチェンジを起こす!

みなさんこの志を持った方々が集まり【EQ事例発表会】を開催されました。


fullsizeoutput_431.jpeg 

昨年から今年にかけて実施された、各組織や個人の取り組を発表。

それぞれ、会社の組織形態や会社の中での立場など違いはあるものの、具体的な工夫や、悩みなど共有しました。


fullsizeoutput_432.jpeg 

工夫されている店や、悩み、お互いにフィードバックをして。

解決策や、少し違った視点で見る事もできと問えも充実した時間でした。


fullsizeoutput_436.jpeg 

懇親会も行われ、普段聞けないちょっとした、ワークショップやり方や、小さな悩みなどもたくさんお話しすることができました。



今回開催し改めて、これからの時代の課題解決に必要不可欠という事、でもEQを説明するのは難しいと実感しました。



参加したみなさんから出た今後のEQへの思い、EQとはを聞いてみました。

EQ必要でもonlyじゃない

・目的を達成する為のツール

・よくばらない

・業績につながる

・何とかリーダー達の意識を変えたい

AI時代になっていくからこそ、EQ重要になっていく



EQを用いれば、個人も会社も社会もポジティブに変われる。

そしてもっとEQを広めていきたいと思いました。

■ご参加者皆さまからのアンケートは
 代表池照のブログにご紹介しています
 ⇒ http://isplus1.hatenablog.com/



『医協市場』に取材いただきました!

代表のブログでEQ取材記事について紹介しています

8/1 日経ビジネススクール「周囲を巻き込む」女性リーダー向け講座にご参加の皆さま!

代表池照のブログで日経ビジネススクールEQセミナーをご紹介しています

6/23EQ導入ワークショップでした。

「組織で人事を担当する方」「人材育成を担当する全ての方」「EQに興味を持っている方」 向けの【EQ導入活用セミナー】でした!


FullSizeRender_20170707145547fd3.jpg 


講師はEQGA公認プロファイラー、EQGA公認EQトレーナーの三森 朋宏さん でした。

参加者の方々は、EQを会社に導入したい、個人的に興味を持った方などが参加していただきました。


弊社池照 佳代 から (有限会社アイズプラス代表ARM認定EQトレーナー)も、少しお話いたしました。


IMG_6957_convert_20170707145813.jpg 


EQ傾向把握した次のステップとして、目的に向けたフォローを提供している事を伝えていただきました!(個別指導、グループコーチング、フォローメールなど企業により対応人事の仕組みのな中にEQをどのように入れるのか、会社でおかれる立場、組織の体制によっても導入の仕方、活用法が違ってきます。


FullSizeRender_convert_20170707150023.jpg 


ビジネスに優れている人は、ほぼ例外なく対人関係いん優れている、学歴高いだけだは成果が出せないという事です。

今、リーダー育成においてリーダー育成に取り入れて行く事が見直されています

感情のマーネージメント研修も増えています。

もっとEQを活用できる企業が増えればいいと思います。


IMG_6947.jpg 


三森さんは元エンジニアだけあって理論的でありながら、とておもわかりやすく教えていただけますた。

 

参加者のアンケートを一部ですがご紹介いたしますす。

【今回の参加のきっかけは?目標は達成できましたか?】

EQが部門研修に使えるか知りたかった為。組織開発もできる事が分かった。

・会社のモチベーションを上げる為、数字で見えない頑張りを評価できるシステムはないのか、自分で勉強だけではわからないので参加しました。

・仕事の中で、人的問題解決のためのヒントとして,EQの概要を知りたいと思い達成できました。

 

【感想をお聞かせ下さい。】

・マネジメント、リーダーシップ研修のヒントが見つかった。

 ・色々と社内の課題解決に、EQを導入指定行けたらと思いました。風土、生産性、メンタリングなどに何かエッセンスを入れていきたいです。

 EQを通して組織の生産性、魅力を上げたい!と考えていましたが、現段階では、自身の向上の為の興味の方が強くなりました。まずは自身が受けてみたいなと。

 

 ご参加いただいたのが少人数だった為、参加者の方々とも色々とお話でき、とても楽しい時間でした!


ご参加していただいた皆さま、ありがとうございました。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。